2018年1月10日水曜日

ダイネーゼのブーツ買う






これまで使っていたブーツのチャックが壊れてしまったので新調しました。

いやー、結構探しましたよ。
普段ステップに踵の段差を引っ掛けて乗るのでソールに段差があるモデルが欲しかったんですけど、
最近の主流は変わってきてるんですかね?
ジャンルにもよりますけどソールが真っ平だったり、土踏まずの部分が軽く凹んでるタイプが多かったです。
前傾もキツいSPORT1000Sでは結構重要になってくるのでここだけは譲れませんでした。
 
っで、選んだのはダイネーゼのNIGHTHAWK D1というモデル。

譲れないと言っておきながら段差の高さはこれまでの半分程度、且つ若干の角度付きで
以前のものより引っ掛かりは甘くなります。
ブーツインタイプですが華奢な私にはこのくらいタイトなものをブーツアウトで使うくらいの方が
スタイリッシュです。
また、これまでのブーツと違いチャックが外側に付いているのでヒールガードを傷つけません。
もう手遅れですが。。。
更に、シフトペダルのガードが両足に付いているので右シフトにも対応出来ます。
ポジションチェンジしたステップとの相性が如何なものか?  楽しみです。



ご覧頂きありがとうございます。
 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年11月29日水曜日

ブレーキアジャストロッド





ステップを上げたことでブレーキレバーのポジションも再調整しました。

っが、ブレーキのマスターシリンダーから延びるアジャストロッドの調整幅が既に限界なので新たなロッドをキャップボルトを加工して作りました。


これでグッと調整幅が広がります。



久々の工作は楽し♪






ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年10月22日日曜日

MotoCRAZY アルミステップ






これまでのSPORT1000Sのステップ遍歴は純正ステップ→ポール純正→SS系純正と来たわけですが、もうチョイ上げてみたくなってお試しステップの導入です。

選んだのはMotoCRAZYのステップ。

あまりこの類のステップには手を出すつもりは無かったんですよね~
見た目が好きになれなくて…









これで21mmほど移動します。


ひとまずブーツへの食い込みは良好です。
これなら滑らなそう。

ブーツも新調するので細かなポジションはこれから合わせていきましょう。




ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年9月10日日曜日

NOLAN X-LITE 802R にミラーシールド装着






今さらではありますがGWの頃にメットのシールドをミラーにしてみました。

ハーフスモークのメタルクロームというタイプですが、非常に調子が良いです。

これまでサングラスを併用してましたがこのシールドにより不要になります。


今年の夏はコイツのおかげで乗り切れたのでした♪





ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年7月10日月曜日

空気圧備忘録





底付きしていたリアも再調整でイイ感じ。




ミシュランパワー スーパースポーツ

気付けばもう2世代前のタイヤになってしまった。
そろそろ履き替えなきゃね。


F
突き出し 5mm
プリロード最弱
COMP 12
REB 12

R
プリロード 3周掛け
COMP 1
REB 12
高速移動中にCOMPを掛けていったら乗り心地が良くなったのは新たな発見。



空気圧
指定圧は前後2.2


冷間
F2.3 R2.4でスタート

ワインディングで軽い切り返しで気楽に乗るならこの程度。
しかし、今日はガッツリ抜いていきます。

温間
F2.5 R2.65
-0.2  -0.2


数回流した後
F2.3 R2.4
-0.1  -0.1

その後更に
F2.2 R2.3
-0.1  -0.1  この時点でF抜きすぎ。デメリットが露呈する。

F2.2 R2.3
    -0.1

温間
F2.2 R2.2  ここでリアもデメリットが。

必死に温めれば程よいが冷えてしまうと乗り難さが強く出てしまう。
ワインディングならここまでか。

と言う事でその日の天気とどういう走り方をしたいかにも依りますが、
しっかり荷重を掛ける練習をしたいのであれば冷間2.0スタートと言ったところ。

温間2.3辺りが狙い目でした。



この位だとクリップ過ぎてからのアクセル開けた瞬間のタイヤの潰れ感が良く分かります。
更にこれまで「エッジに乗る」つもりで乗っていましたがまだ足りない事が分かりました。

積極的にエッジに乗ればさらに旋回力が得られますが、その為にはあと15mm程ステップを上げたい所です。

また対策を考えましょ。








ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年6月19日月曜日

AELLA クラッチレリーズ





BREMBOのクラッチマスターを導入し、これで一安心かと思ったらエア抜きの様子がどうもおかしい…


ひとまず作業を終えて乗っておりましたが2~3日するとクラッチレバーの遊びが大きくなり、ついにはクラッチが切れなくなりました。





なんとレリーズ側とのデュアルフェイル(爆










パッと見では漏れた形跡やエア抜き穴からのリークは無し。


しかし、前オーナー時代から使われていましたので寿命ですね。

外へのリークはありませんが、エア抜き時に空気を吸って細かな泡が出てしまうのでした。









バラしてみると中はピッカピカ。

シール交換だけで済んだかも。

しかし、また切れなくなっても困りますからショップのおススメもありAELLAをチョイス。

径は変わらず28mmです。


ふぅ~、貴重な晴れ間を失ってしまった。







ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


2017年6月12日月曜日

BREMBO 16RCS クラッチマスター








箱根上空で突如クラッチが切れなくなったSPORT1000S。

どうやらクラッチマスターがインターナルリークを起こした様で握ると中でギュウギュウ言ってます。

残念ながらその場でドナドナとなったのでした。






と言う訳でこの機会にクラッチマスターをBREMBO 16RCSに。


純正の13×20に対しRCSは16×16となり、重さの変化が気になるところでしたが若干軽くなりました。

18×16では重さそのまま、でも切れは良いですね。














ついでにタンクも今流行りのスモークグレーに。

これでバッチリ直ったと思ったのですが…



つづく








ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ