2017年6月19日月曜日

AELLA クラッチレリーズ





BREMBOのクラッチマスターを導入し、これで一安心かと思ったらエア抜きの様子がどうもおかしい…


ひとまず作業を終えて乗っておりましたが2~3日するとクラッチレバーの遊びが大きくなり、ついにはクラッチが切れなくなりました。





なんとレリーズ側とのデュアルフェイル(爆










パッと見では漏れた形跡やエア抜き穴からのリークは無し。


しかし、前オーナー時代から使われていましたので寿命ですね。

外へのリークはありませんが、エア抜き時に空気を吸って細かな泡が出てしまうのでした。









バラしてみると中はピッカピカ。

シール交換だけで済んだかも。

しかし、また切れなくなっても困りますからショップのおススメもありAELLAをチョイス。

径は変わらず28mmです。


ふぅ~、貴重な晴れ間を失ってしまった。







ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


2017年6月12日月曜日

BREMBO 16RCS クラッチマスター








箱根上空で突如クラッチが切れなくなったSPORT1000S。

どうやらクラッチマスターがインターナルリークを起こした様で握ると中でギュウギュウ言ってます。

残念ながらその場でドナドナとなったのでした。






と言う訳でこの機会にクラッチマスターをBREMBO 16RCSに。


純正の13×20に対しRCSは16×16となり、重さの変化が気になるところでしたが若干軽くなりました。

18×16では重さそのまま、でも切れは良いですね。














ついでにタンクも今流行りのスモークグレーに。

これでバッチリ直ったと思ったのですが…



つづく








ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2017年5月21日日曜日

さらば青春の光








また逢う日まで・・・






ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


2017年1月29日日曜日

Zippo ヘアライン加工








今年は暖かいので例年に比べると出番の少ないZippo hand warmer。

元々メッキされていますがピカピカ過ぎて手油が付くとカッコ悪い姿になってしまいます。










こちらは1941レプリカ。

ヘアライン仕上げされてますが、やや粗くて指に引っ掛かるガサツな感じ。

そして側面はメッキのままです。












そんな訳でどちらも全周ヘアライン仕上げにしてみました。















元のメッキとの比較。















う~ん、良いんじゃなーい。















コチラも満足な仕上がり。














そしてこのZippo実は、、、















フリスク入れなのでした!








ご覧頂きありがとうございます。

 楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ