2016年8月26日金曜日

どこに楽しさを求めるか?








趣味で楽しむ以上どこに楽しさを求めるかは人それぞれでしょう。



私の場合はクルマもバイクも足回りについてあーだこーだ言うのが好きなわけでして、正直エンジンなんかは壊れずに回ってくれればそれでいいと言った具合です。



さて、しばらく乗れない日々が続いておりましたが、その間も次回の出撃に向けて作戦を練っては妄想ループが続くのです。



最近の興味としては先日のトライアンフ ストリートツインのイージーでニュートラルなハンドリング、ローパワーを使い切って開けて曲がる楽しさを味わってから「楽しいってこういう事だよな」とつくづく思いました。



往年のスポーツモデルのオマージュとして作られたスポクラシリーズですから現在のワイドなハイスペックタイヤを履き、大きく腰をずらしてタイヤをつぶしながらゴリゴリ走るスタイルはちょっと違うのかなと。


次第にナローなタイヤに興味が湧き、18インチスポークで150タイヤ辺りに変えてみようかと画策しております。






そんなことを考えつつ猛暑の中久々の出撃と相成りました。












これまでの自分標準から大きく外れ、「楽しさ」を一番に考え妄想を繰り返したセットでのテストです。



以下memo

フロント

プリ 5周(但し、突き出し5mm)
COMP  12
REB      12
空気圧 冷間 2.5




リア

プリ 5周抜き
COMP   4
REB       10
空気圧 冷間 2.9

タイヤはミシュランのパワースーパースポーツ




指定空気圧だと低速で車体を振った時にグッとフロントが先行して巻き込み気味に入りますが、その後は止まってしまって前後しっかりと荷重を掛けてあげないとその先うまく曲がって行きません。

今回はその挙動を嫌ってずっと上げてみました。

ややブレーキングでリアタイヤのスネーキングが出るのは気を付けないといけませんが、フロントのネガな挙動は消えました。

フロントのプリロードを増した結果クリップからのアクセルオン時にフロントの高さが上がり開けやすくなりました。















正しい方向性ではないと思いますがある程度のレベルまではイージーに乗れるセッティングだと思います。


久々に乗ったものの、苦労せずに乗れるセッティングとリアタイヤの毛羽立ち具合に満ち足りた1日でした。





ご覧頂きありがとうございます。

                                          楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2016年8月3日水曜日

Triumph STREET TWINで霧ヶ峰へ







タンデムツーリング用にTriumphのSTREET TWINを借りました。


ホントは1200ccのT120に乗りたかったのだけど、レンタル屋さんがラインナップしてないので900ccのこちらになりました。

あと、色もクラシックな感じでなくて好みではないが仕方ない。










気になる乗り味はナローなタイヤも相まってどこまでも従順。


リーンウィズでニュートラルな感じはまさにバイクのお手本と言ったところ。


150サイズのピレリ ファントムがラインナップに加わっていた事も驚きでした。








登りのワインディングでは全開率がだいぶ高いですが、一人なら結構なペースで軽快に駆け抜けることが出来るでしょう。


いつも足がどうだとか言ってますが、細かな事は考えずただひたすらに「バイクって楽しいな」と思わせてくれる1台です。







ビーナスライン・霧ヶ峰は前日までの雨予報を覆しご覧の快晴っぷり。

ワインディングは天気が良くなきゃね。










以前から「大人になったらボンネビルかな」なんて思ってましたが、どうやら間違いでは無かったようです。



空冷キャブ車のT120あたりが良いかな。







ご覧頂きありがとうございます。

                                          楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ