2014年6月22日日曜日

ステアリングダンパーを外してみた







SPORT1000Sに乗って早3年が経ち、色々触っては試してみてやっとこのバイクらしさみたいなものが分かってきた気がします。



ところが知らないこともまだまだあるわけで、同じスポクラシリーズのSPORT1000にはなんと元からステアリングダンパーが付いてないというのです。


これには結構驚いたわけで、だいたいこういうクラスのバイクには付いてて当然のものかと思っていました。


と言っても、その存在意義についてそれほど深く考えた事が無く、きっと付いていた方が安定性も良くなるのかな程度でしか考えていませんでした。



まぁ付いてた方がカッコイイし...





SPORT1000にステダンが付いていない理由としては低中速域でのクイックさを出す為とかで、そんなことを聞いてしまったら試さずにはいられないのです。



純正のステダンですから、それほど強い減衰が作用するわけではないだろうと思っていたのですが...







早速、外した状態で箱根に向かいますが一番の違いはやはり低速域でのステアリングの軽さでしょう。

40~50キロくらいで車体を左右に振る時のステアリングが切れる速さ、軽さが断然違い、タイトなコーナーでも一回り小さいラインでフロントからグイグイ曲がっていきます。

クイック、というかシャープさが増したと言えば近いでしょうか。

まるで1クラス小さいバイクに乗っている様です。



そこから更に上の速度ではそれほど大きな違いは感じられませんでしたが、超高速域での安定性や不意の入力をいなすという意味では付いていた方が良いのでしょう。




さて、椿ラインを1往復した所で再度ステダンを取り付けて変化を見てみます。


するとモサ~っとしてやや重いこれまでのハンドリングが戻ってきました。

ブレーキリリースから倒しこんでいく過程がスローモーです。

「あぁ、これがステダン効果か」と。


先ほどまでのシャープさは無く、もう少し緩めのコーナーを心地よく流すにはもってこいの性格です。








う~ん、これは....



無い方が楽しいかも。


 


ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。



にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ



2014年6月18日水曜日

湿式エアフィルターのメンテナンス

 



 

SPORT1000SのエアフィルターはDNAのものに変わっています。

湿式ということで定期的なメンテナンスが必要になります。









サイドカウルを外すとオイルクーラー辺りが良く見えます。



















フィルターはクリーニングした後ワコーズのエアフィルターオイルを塗布。

本来塗布すべきDNA純正のオイルは粘度ではなく静電気で埃を取り除くそうですが、今回はすぐに手に入らなかったので...








 































クリーニングの効果は分かりません。  まぁそんなもんです。




ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ




 

2014年6月15日日曜日

雲の上で朝練







早朝は寒い。







こんばんは。主翼です。




久々のお天気に恵まれたので箱根へ。



前後ohlinsを入れてからこんな条件の良い箱根は初めてなので楽しみ~































































































































基本的にダンパーは抜く方向で動きに軽さを出して行きますが、フロントのダンパー調整に対してリアの方は変化を感じにくい。

ストロークもほとんどしていない感じ。


コーナーでフロントは入って行きますがどうもリアが着いて来ません。

そして腰高感が不安にさえ思います。



こんなもんなのかと試しにプリロードを抜いてみるとビックリするほど乗りやすくなりました。

最終的に4周抜きましたがこれ以上だと沈んだリアが戻って来ず、切り替えしの際もリアが沈んだままでダラダラと走ってしまいます。

アクセル開けて荷重を掛けながらグイグイ曲がっていく。 という感じに乗れてきたら3周抜きで良さそうです。


今まで違和感が残っていたリアがスッキリ解決し、これまでに無く安心して且つ開けて乗れる様になりました。



という訳で本日の覚え書き

フロント
プリ:最弱  
伸び:17戻し
圧:12戻し

リア
プリ:4周抜き
伸び:25戻し
圧:3戻し



足が決まって来たので今年もまた空気圧問題が勃発しそうです。



 


ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ



2014年6月12日木曜日

ロッシのNSR500が復活するらしい




2ストの黄金時代を知らない残念な世代の為、2スト=原チャリ? という寂しい連想しか出来ませんが、こいつはヤヴァそうです。




続きはいつも楽しませて頂いている某ブログにて。



『狼の皮を被った狼』: 公道に舞い降りた最強のGP500レーサー、ロナックス500






                                     ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2014年6月6日金曜日

domino racing grip









SPORT1000Sに付けていたPROGRIPのグリップ。


これはこれで良かったのですが2重構造の外側が剥がれて来たので交換しました。








今回はdominoというグリップ。






PROGRIPよりは硬めで表面はローレット状になっており、こちらの方が手に馴染む気がします。













このグリップだけではないのでしょうが、新しいグリップを取り付けるのに難儀しました。

チャリンコの様にエンドが塞がれているものならばコンプレッサーのエアーひと吹きで取り外しできますが、オープンエンドではそうは行きません。


調べてみたらブレーキクリーナーを吹いておいて一気に差し込むのが良いとのこと。


実際にやってみるとさっきの苦労が嘘のように一瞬で終わりました。



皆さんもお試しあれ~




ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。
 


にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ