2014年3月31日月曜日

OHLINS FGK204

 
 
 
 
 
 
 
「最近、バイクしか乗ってないでしょ」と、よく言われる主翼ですこんばんは。


まぁ確かにそうかもしれません。やっと暖かくなったし。

バイクの渋滞知らずな快感を知ってしまうと、昼間にクルマに乗る気になりません。

と言うわけでミニは深夜と早朝オンリーとなっております。





それはさておき、昨年末に導入したOHLINSのアシですが、やっとお山でテストできました。


調整機構の無い純正サスの中身だけをOHLINSにしてしまおうというFGKシリーズ。

どうやら最近になってピストン径が25mmから30mmへ拡大し性能アップを測ったもよう。

この204と言うのは本来CBR600RR用という事ですが小加工を施すことでスポクラにも使えます。









左右で圧側と伸び側を完全に分けてしまったダンパーはそれぞれトップキャップのネジを回すことで25段階(20クリックでフルオープンとの記載アリ)の調整が可能です。

プリロード調整幅は18mm。 また、注文時にスプリングレートの選択が可能です。














いつもの場所でパチリ。





っで、肝心の乗り味ですが、



一言で言えば「大人な乗り味」になりました。


そのまま組み込んだ状態ではフロントの車高が上がってしまったのでプリロードは最弱にしてあります。

それでもワインディングを走って残ストロークは25mmほどありますからひとまずこのままで良いでしょう。

プリロードが標準値よりも弱いという事は相対的に伸び側のダンパーが効く様になりますから適当な箇所を探ります。

最弱・最強等々色々試して、詳細は長くなるので省きますが結果的に標準値に近い所に収まりました。


調整の変化がハッキリ分かるのと、調整幅があるのでその日の状況に合わせて味付けを変える事が出来ます。



いや~、調整機構ってスバラシイ!!




1番の収穫だったのは進入時のハンドルの切れ込みに対して内側の腕が変に入力してしまうクセと、立ち上がりでスロットルを開けると同時にアンダー気味になってしまう症状をかなり改善できました。 (前者は空気圧の関係も有りますがそれはまた今度)


今までは自分がヘタだからそうなってしまうとばかり思っていましたが、調整の仕方で随分良くなります。



そこそこお値段もするものですから違いが分からなかったら... なんて思いましたがその心配は無用でした。


今まで暴れていた所も"シュッ"っと収まり、非常に落ち着いたこのフロントの感触は病み付きになりそうです♪















ただ、欠点を挙げるとすれば...











なにやら気になる記載が...




 

ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ



2014年3月29日土曜日

迷いの森

 
 
 
 
 
 
 
 
完全に迷い込みました...

 
 
 


ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2014年3月22日土曜日

Clutch Inspection Cover








随分かかりましたが、やっと付きました。










やはり隙間がイマイチですが、















正面からならまあまあ。


























Clutch Inspection Cover
P/N: 0400-49-020

160cc以降のシングル及びラウンドケースのツインエンジンに適合します。



古き良き時代を駆け抜けたマシンのオマージュとして生まれたスポクラシリーズですから、先祖がえりという選択もアリ。 かな。












































































う~ん、満足♪




ご覧頂きありがとうございます。
今後も”ポチッ”っとクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


2014年3月18日火曜日

工作日和♪

 
 
 
 
だが、風強し。 花粉も濃ゆい...








そんなこんなで、









出来ました。











こんな感じ。













やっぱり分厚いかな。














まぁ良しとしよう。











ではいよいよ装着~☆






















のはずが、ただ今フン詰まり子さん仕様で車検の旅に出ているのです。









また来週~











ご覧頂きありがとうございます。
今後も”ポチッ”っとクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ














2014年3月13日木曜日

加工ちう

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





真ん中の溝にはOリングが収まります。
















あとは外形を整えれば完成。









ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

 
















2014年3月9日日曜日

SBOM INJ 予選&決勝

 
 
Photo by 猫Cindy





続いてINJです。


順番的にはCNC予選の次がINJ予選だったので、タイヤを入れ替えてフロントR7・リア032という組み合わせで臨みました。






動画はまだ見てません。 何かあったっけな?


空気圧も落とし、ダンパーも柔らかくしたのでCNC予選の様なリスキーな挙動は抑えられました。

ステアリングを切ってる時間も長く、立ち上がりでアンダーですが、とりあえずアクセルを踏んでコースギリギリまでには収まる様にしてました。


路面はどんどん良くなっていったので終了間際にアタックしてCNC予選からは4秒アップの21秒812。  

CNC決勝はこのセットで行くことにしました。







決勝は4番手スタート。

決勝スタート前にほぼドライとなった路面に合わせてまた前後タイヤを入れ替えたのですが、コースイン前にまた降り出したので慌てて再度入れ替え。

決勝前に大汗掻いて何やってんだかと言う感じですが、とりあえず息を整えます。


トップ3台は相手にならないのでスタートのポジション維持か、せめて入賞できれば十分かなと思ってました。








レッドシグナルでスタート。



アウトへ振った310号のインを伺いますが届かず。 トップ3台は立ち上がりでグイグイ進んでいきます。

後ろには14号車がピタリとマーク。 どうやらあちらの方がコーナーが速いです。


裏直で伸びるMぞの号が最終で14号車のインを差しますが、なんと14号車はアウトから抜き返しそのまま主翼号のイン側を狙います

1コーナーで仕掛けてくるのは分かっていましたのでブロックしても良かったのですが、あの時点ならまだトップ集団へ絡める可能性もあると思いラインを譲ります。




さぁ、続いては今回いつもの調子が出ていないMぞの号です。

ストレートは断然速いのですが進入ではこちらに分があります。

とりあえずこのポジションを死守することに。


雨足はゆっくりですが強くなり、フロントに履いたR7が1ヘアの立ち上がりとダンロップ先の左コーナーで滑る滑る。

ダンロップ先はそれなりのスピードになりますからそこで姿勢を崩せばどこへ飛んでいくか分かりません。

毎周その恐怖と戦いつつアクセルを踏み込みます。




必死でMぞの号から逃げる事数周。



タイヤも暖まったせいかこの路面にも慣れてきました。
決勝では毎ラップタイムアップしていきます。



するとどうでしょう。 先ほど抜かれた14号車に追い付いてきました。


これはもうワンチャンスあるかも~☆


ダンロップ下で417監督に必勝宣言し、最終の進入で14号車に仕掛けます。


っが、届かず。




コーナーでは負けるので1コーナー進入で1度アウトへ振って揺さぶりを掛けつつややレイトブレーキング。


なんか上手くインが開いたので立ち上がりでは容赦せずにキャットブロックライン!


もう後はロックしようが滑ろうがとにかく踏んで封印していた6500シフトも使って逃げに出ます。



完全にエンジン掛かるのが遅かったみたい...



既に前は誰も見えなくなっていたので気分はすっかりトップランナーw


自己大満足な4位で終えるのでした。


ベストも最終ラップの16秒162。






う~ん、あのコンディションでクルマを壊さずこの結果なら十分でしょ!





ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


















2014年3月5日水曜日

2013 SBOM CNC 予選&決勝



 
Photo by mini417






SBOM第1戦 CNC まずは予選から。


雨は小雨になってきたものの路面は完全ウェットで、一部には川が残ってます。

今回はフロント032、リアR7という変則パターンですが、032は新品なのでフロントでグイグイ引っ張って行けば良いかなーなんて思ってました。

また、寒くて空気圧もあまり上がらないだろうと踏んでフロント・リア共に2.5キロでスタートして途中で抜く作戦に。







っが、全てが悪い方向に...  
       cindy号、実はこの時から...??










最初から最後まで良いとこ無し。

1周目最終ではソーイング風に探りながら走りますが、出口に向けてアクセルを開けて行った途端にリアがブレーク!

ピットロード入り口の中州?にある看板が見える見える!?


「こりゃマズイ!」とカウンターを当てますが、マジでコンクリウォ~ルが頭を過りました...


こりゃたまらん!っとすかさずピットインして3110メカに2.2キロまで落としてもらいましたが、それでもダメ。

なんとか1周まとめようと試みますが再度最終でスピン、今度はカウンター戻し遅れでおつりを貰ってアウトへ。

当然タイムも期待出来ません。







決勝は前後のタイヤを入れ替え、エアも1.9キロまで落として臨みました。

リアが流れない分アクセルオンでアンダーですがコントロールは出来ます。







脅威のスピードを見せたCindy号は991号との死闘を繰り広げますが残念ながらリタイヤ。


そのお陰で6位入賞となりました。




めでたしめでたし。

 




ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。
にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ




 

2014年3月1日土曜日

設計ちう








お絵かきは楽し♪



もう少し複雑な形状にすればより薄いアダプターとなってカッコ良くなるのですが、予算の都合からブラックアルマイト仕上げも見送りです...

 




ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ