2014年2月26日水曜日

Top 5 Ducati SportClassic






スポクラシリーズはあまりコテコテのカスタムは似合わないと思ってますが、まぁこんな楽しみ方もありますよ的なご紹介。



あなたの琴線に触れる1台が見つかるかも。



続きは→
BIKEEXIF







ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ


2014年2月18日火曜日

研磨ちう

 
 
 
 
 
 
 
 
ヘアライン風もカッコ良かった。





しかし、今回はもうチョット進めましょう。


























う~ん、終わりが見えん...






ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2014年2月14日金曜日

雪の日は家でピカール



FROM L.A.








NEW足回り+032の感触を確かめられずフラストレーション溜まりまくりの主翼ですこんにちは。

折角のお休みもこの雪ですからお山はキャンセル。

家でゆっくりしましょう...






そんな時、少し前に注文しておいたパーツが届きました。


OLD DUCATIに使われているクラッチのインスペクションカバーです。


当初、SPORT1000Sのジェネレーターカバーには別のパーツを用意しておいたのですが、こっちの方がカッコイイので取り付けることに。



このままでも良いですがちょっとポリッシュしましょう。



あ~、昨日のうちにバフ買っておけば良かった~






ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

2014年2月7日金曜日

オトナカバー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







落ち着きのある大人な佇まいと、内に秘めたる想いを紅きワンポイントにて仕上げました。






ご覧頂きありがとうございます。
楽しんで頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ



2014年2月5日水曜日

視覚的エンヂン感

 
 
 
 
 
画像は拾い物です。




最近のクルマはエンジンにプラスチックのカバーが付いていて、エンジンルームを覗いてもエンジンが見えないなんてのが当たり前になってきました。


いくら高性能なエンジンが載っていても、その鼓動感や息づかいの様なものを目で見て感じられない最近の急激なカバー化には、もはやボンネットが開く必要すら無いのではないかと思うほどです。



そもそもクルマへ求める価値感も変わってきているのでしょう。



趣味性の高いジャンルのバイクはまだそこまでは行きませんが、騒音の関係や車両全体のデザイン等からやはりカバーされる面積も増えつつある様に感じます。


また、性能の向上や軽量化も進む中、技術的には進んでいるんでしょうが造形の平面化とでも言いますか(例えば、シリンダの空冷フィンとか)見るからに「エンジン」という感じのするエンジンが少なくなっている様に感じます。







やはりエンジンと言うのは視覚的にも魅力的なアイコンであって欲しいのです。






さて、前置きが長くなりましたが、なんでこんな話になったのかと言いますと我がSPORT1000SのDSエンジンに付いておりますタイミングベルトカバーがあまり好きではありません。

















前述した平面的造形のプラスチックカバーというのがどうも引っかかるのです。






























かと言ってカバーを外したままにするつもりもなく、カーボンカバーも悪くは無いですがそこまで魅力を感じません。


中のベルトが見えちゃうスケルトンタイプってのも... 品が無いのでNG。




そこで今のカバーをアルミ鋳物風にザラザラグレー塗装しようと思ったのですが、色はエンジン本体に似てもあの面積ですからどうも野暮ったく見えてしまいそうです。


やはり、ブラックの方が締まって見えますね。




折角なら今のカバーの「DS1000」の文字を消し、昔のDUCATIロゴにしても良さそうです。










もしくはこんなものを埋め込むとか。












しかし、これなら本来のインスペクションカバーにした方が良さそうです。

ただ、既にインスペクションカバーは別パーツを用意しているのでそれとの兼ね合いになりますね。














いずれにせよ鋳物風ブラック塗装はやってみようと思います。




はたして...




ご覧頂きありがとうございます。
来年も”ポチッ”っとクリックして頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ